連帯保証人の候補に困っている人が安心できる家賃保証会社

電卓とお金

TOPICS

親の収入が少ないときの連帯保証人の悩みは家賃保証会社で解決しよう

賃貸マンションの一室

連帯保証人を親に頼みたくても、もし収入が少なかった場合は無理があります。家賃が払えなくなったときに代わりを務めることになるため、十分な収入がない人は、連帯保証人として認められないのです。そんなときは、家賃保証会社が便利です。
家賃保証会社の良いところは、周りの誰かに頼まなくても、連帯保証人がいる状態になることです。入居申し込み時や更新時の料金を支払うことで、家賃滞納が起こったときでも、しっかり立て替えをしてくれます。つまり、親族ではなく、家賃保証会社に連帯保証人を頼むことができるのです。それなら、親の収入に関係なく、すんなりと家を借りることができます。
親が現役で働いている人なら問題なく連帯保証人になってもらえることもありますが、高齢で収入がない場合は不可能なので、家賃保証会社のメリットはしっかり押さえておいてください。年金があるとしても、その額が少ないと、やはり連帯保証人としては認めてもらえません。「家賃を代わりに払うことができる」という条件をきちんとクリアするには、保証会社の方が確実です。
家を借りるときに余計な不安を抱え込み、ストレスを感じないためにも、積極的に家賃保証会社を利用していきましょう。

ARTICLE

TOP